• 免疫強化作用があるフコイダンとは

    フコイダンは、昆布やもずく、めかぶなどの海藻に含まれる多糖類の名前です。

    多糖類とは、糖がいくつも連なった構成をしており、食品添加物として利用される場合、ゼリーや増粘剤、アイス等に使用されています。

    粉末状にしたものを水やお湯に溶かすとトロッとして粘性をつけたり、加熱して冷やせばゼリーができるなど、増粘効果があるものが多いです。

    フコイダンも、ネバネバした海藻に含まれています。
    実はこの成分が、免疫系に効果的と最近の研究でわかってきました。
    がん細胞を自殺に追い込む役割を果たすというのです。がん細胞は日々、私たちの身体の中で生まれています。



    ですが、身体の中で悪いものと戦う細胞(ナチュラルキラー細胞、マクロファージ等)が日々、生まれたがん細胞を殺しています。

    戦う細胞が弱ってしまうと、がんになるのです。


    フコイダンは、がん細胞と戦う細胞を強化する働きを持つだけでなく、がん細胞を自殺に追い込む力を持っています。



    細胞を自殺に追い込むというのは、医学的にはアポトーシスと呼ばれます。



    ある一定期間を過ぎると自ら死ぬように細胞にプログラムされています。

    がん細胞には本来、アポトーシスが組み込まれていません。
    ですから身体の中で増殖しつづけて、しまいには身体中を犯していきます。


    フコイダンは、このがん細胞にアポトーシスをさせる働きがあるのです。

    免疫系を強化する、がん細胞に犯されない身体づくりに欠かせない成分となっています。